「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」って何が違うの?

思春期ニキビと大人ニキビの違いを知っていますか?

 

「思春期ニキビ」
は、9歳〜18歳の子どもの身体から大人の身体へと変わっていく「第二次成長期」にホルモンバランスの変化によってできるニキビのことを思春期ニキビと言います。

 

思春期ニキビは多くの場合、成人を過ぎると自然と治まってきます。
気にしすぎてストレスを溜めてしまうとストレスもニキビの原因となるので気にしすぎないようにしましょう。

 

思春期の頃は、部活動やテスト勉強など夜更かしをしたり、ファーストフードやコンビニでの買い食いなど生活リズム・食事の乱れもニキビの原因となります。
思春期ニキビは身体が大人に近づきホルモンバランスが安定してくると多くの場合、自然と治まります。

 

「大人ニキビ」
は、思春期以降→成人→社会人になってからもできつづけるニキビのことを大人ニキビといいます。

 

大人ニキビは、仕事上のストレスや食生活など生活スタイルの乱れ、変化が原因となっていることが多いので、思春期ニキビと比べて治りづらく厄介で悩んでいる方は男女問わず多いです。

 

大人ニキビの一番の原因と言われているのが日々のストレスです。
女性の場合、メイクによる乾燥も原因と言われています。

 

ストレスがあると、ストレスに対抗しようとアンドロゲン(男性ホルモン)が多く分泌されます。
アンドロゲンはニキビの原因となる男性ホルモンなので、ホルモンバランスの変化によって皮脂の量も多くなりニキビの原因となってしまいます。

 

乾燥は上記とは逆で、乾燥により肌に潤いがなくなり表皮が乱れ、角質が厚くなってしまうことで毛穴を塞いでしまうことでニキビができてしまいます。
大人ニキビができないようにするには、ストレスを溜めないようにすることが大事です。

 

自分なりのストレス解消法を見つけるなど、ストレスを溜めすぎないようにしましょう。

 

乾燥には、ピーリング効果のある石鹸や化粧水などを使い、厚くなった角質を剥がし、丁寧に保湿しましょう。
お肌を正常な状態に近づけることが大切です。

 

メイクで気をつけることは、リキッドファンデーションより、パウダーファンデーションの方が毛穴を塞ぎにくいので、ニキビ肌の人にはパウダータイプのファンデーションの方が好ましいです。

 

ニキビ跡を消すためにコンシーラーを使いたい場合は、毛穴を塞ぎやすくなってしまい好ましくないので、特に気になる部分だけに使うようにし、使いすぎないようにしましょう。

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」関連ページ

ニキビの原因とは?
ニキビに良い食べ物と悪い食べ物