ニキビの基礎知識

ニキビの原因

「ニキビはどうしてできるのか?」ニキビで悩んでいる人がまず知りたいことですよね。

 

ニキビは、毛穴に皮脂がつまることで起こる皮膚の病気です。
皮脂が多く分泌され、毛穴の出口がふさがってしまうと皮脂が毛穴の中につまり、ニキビができ始めます。
男性ホルモンなどの影響で皮脂が多く分泌されるようです。

 

ニキビができる場所は顔が一番多く、胸元や背中などの皮脂の分泌が活発で毛穴がある部分にできます。
毛穴のある場所にニキビはできるので、手のひらや足の裏などの毛穴が無い場所にはニキビはできません。

 

ニキビがでやすいのは、男性ホルモンの分泌が盛んな思春期が一般的ですが、思春期にはニキビができなかったのに、大人になってからできる「大人ニキビ」に悩んでいる女性もいます。
大人ニキビは思春期のニキビに比べて、治りにくいと言われています。

 

ニキビはできる場所によって原因が違うことを知っていますか?

おでこ・鼻・ほお・口周り・あご・首と色んな場所にできますよね。
ニキビ対策をする前に、しっかりと原因を知っておくことが大切です。

 

(おでこ)

  • 暴飲暴食などによる、胃腸の不調
  • シャンプーやコンディショナーなどのすすぎ残し
  • 前髪の汚れ等が付着して炎症を起こしている

 

(鼻)

  • 肝臓、大腸、肺などの不調
  • くせで鼻を頻繁に触るため汚れが付着する
  • ファンデーションや紫外線による刺激で、毛穴が詰っている
  • ナッツ類や甘いものの食べ過ぎ

 

(ほお)
男性ホルモンの関係で、男の子はほおニキビができやすい。

 

女性でほおニキビができている場合は・・・

  • 胃腸が荒れている
  • 便秘や肝機能の障害
  • 糖質、脂質の取りすぎ

 

(口周り)

  • 胃腸トラブル
  • ビタミン不足
  • 食べ過ぎ

 

(あご)

  • 過剰なストレス
  • 寝不足
  • 体の冷え
  • 生理前によるホルモン分泌の増加
  • ホルモン増加による肌の新陳代謝の崩れ

 

(首)

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肌の新陳代謝の崩れ

 

など、出る場所によって原因は異なります。

 

場所によって異なりますが、ニキビができる原因は過度なストレス・暴飲暴食など食生活の乱れ・睡眠不足など生活リズムの乱れが一番の原因と言われています。
該当する場合は注意が必要です。