なぜニキビ跡はできるのか?

ニキビは、多くの人が経験する皮膚疾患です。

 

男女・年齢を問わず悩んでいる人は多いと思います。
中でも、ニキビ跡に悩んでいる人って多いですよね。

 

ニキビ跡が、黒ずんでしまっている物はまだましかもしれませんが、肌の表面が凸凹してしまっている物は嫌だと思います。
ニキビ・ニキビ跡に悩まないためにも、正しい知識を知り、ニキビ跡とサヨナラしましょう。

 

ニキビには、10代の頃にできる「思春期ニキビ」と成人してからできる「大人ニキビ」があります。
思春期ニキビに比べ、大人ニキビはニキビ跡が残りやすいと言われています。
ニキビができてしまうと、全てが跡に残るとわけではありません。

 

ニキビができても、そのまま元の肌に戻ることもあれば、毛穴に溜まっていた膿が排出されて元の肌に戻ることもあります。

 

なぜ、ニキビ跡ができるのか?

簡単に言うと、初期段階の白ニキビと言われる状態でケアしきれず、赤ニキビ・黄ニキビなどに悪化させてしまい、ニキビが治ってはできるを繰り返し、皮膚の真皮と呼ばれる場所が壊れてしまい、凹凸や赤みが残ってしまうのです。

 

皮膚は本来、再生する組織なので、通常は元の肌に戻るわけですが、この状態を何度も繰り返してしまうと、皮膚の組織が壊されしまいます。
この皮膚組織が壊れた状態がニキビ跡を作ってしまうのです。

 

怪我や、火傷など軽傷であれば元通りの皮膚に戻りますが、状態が酷くなればなるほど跡となって残ってしまいますよね。
それと同じことなのです。

 

跡が残る、酷い状態にならないために、ニキビができてしまっても、早めにニキビを治す対策をすることが大切です。

 

特に、大人ニキビの場合は、同じ場所に繰り返しニキビを作ってしまう傾向があります。
これが、大人ニキビがニキビ跡になりやすい原因です。

 

普段からきちんとケアを行い、ニキビができそうなら少しでも早めに対策をすることにより、同じ場所で何度もニキビを繰り返すことを防ぐことができます。
ニキビ跡を作らないために覚えておくことは「同じ場所に何度もニキビを繰り返さない!!」ことです。

 

今人気なのは、エクラシャルムというジェルが人気ですね。こちらのサイトでは体験談も書かれています。