ニキビ跡の治療法について

跡が残らないように気をつけていても、できてしまうニキビ跡。
「どうにか治らないか」、「消えないか」と悩んでいる人は多いと思います。

 

あなたは、「何をしても無理」と諦めていませんか?

 

ニキビ跡治療は一つではなく、様々な方法があります。
どんな方法があるのか紹介していくので、自分に合う治療法を見つけるきっかけになれば幸いです。

 

医療機関の薬を用いた治療

ニキビ跡治療は、一般的な医療機関でも受けることができます。
医療機関でのニキビ跡治療は、ニキビの症状によって異なります。

 

ニキビが発症したばかりの症状と、ニキビが炎症を起こしてからの症状とでは、ニキビ跡に対する効果的な治療法は異なってくるからです。

 

ニキビは皮膚病の一種でもあるので、ニキビを治療せずにそのままにしておいたり、素人判断で薬を選んだりすると、ニキビ跡が残ってしまう可能性が高くなります。
ニキビがひどいなと感じたら、自己判断で放置せずに、ニキビ専門の皮膚科などの医療機関で早めに治療をうけたほうがいいです。

 

外用薬をもちいたニキビ跡治療

ニキビ跡の治療で用いられる外用薬は大きく分類すると、抗生物質・ビタミン剤・角質剥離剤の3種類があります。
抗生物質は、クリームタイプよりローションタイプのものの方が効果が大きいようです。

 

ビタミン剤は、ビタミンC誘導体ローションが代表的です。ビタミンC誘導体ローションは、ニキビ跡のできる原因となる色素沈着を改善し、皮脂分泌の抑制や炎症の抑制をするので、ニキビのできにくい肌を作り上げるのに効果が大きいようです。

 

角質剥離剤は、表皮の角質を取り除いて、毛穴のつまりを改善し、乾燥を促す効果があります。しかし、皮膚のバリア機能が低下するといった副作用が出る場合があるので、利用するには注意が必要です。

 

漢方薬を用いたニキビ跡治療

ニキビ跡の治療法に、漢方薬が用いられることがあります。
東洋医学の中の「漢方」では、ニキビやニキビ跡のできる人は、人間の体全体のリズムの崩れや不調が原因であると考えられています。

 

このため、漢方薬を使用する場合は、東洋医学の独特の考えに基づき、使用する方の体質やニキビ以外の体の症状を含めて、治療に使用する漢方薬を決定します。

 

漢方によるニキビやニキビ跡の治療法には、漢方薬を使用するだけでなく、ニキビのできるツボを刺激して治療するというような方法も用いられます。
漢方によるニキビやニキビ跡の治療は、ニキビのできる体質を体内から改善する治療法であると言えます。