ニキビ跡は治せないと、諦めていませんか!?

ニキビが治った後に残る「ニキビ跡」悩みますよね。
以前は、私もその一人でした。

 

元々はニキビ肌ではなく、学生の頃ニキビ・ニキビ跡に悩む友達をみては「大変そう」「かわいそう」と思っていましたが、全く他人事でした。
私はニキビに悩むことなんてないと思っていたのに、子どもを妊娠・出産してから体質・ホルモンバランスの変化が関係しているのか、気づけばニキビが・・・。
結局私もあの子達と同じ事に・・・

 

ニキビが出ている時はブツブツが気になって「早く消えて!!」と吹き出物が消えれば終わり。と思っていたら、その後に残る「ニキビ跡」が残るなんて思ってもいませんでした。
ニキビ跡を隠すために厚化粧をしたり、相談した友達に勧められた高い化粧品を購入したりと色々試しましたがどれも効果なし。
そんな中、深いクレーター状のニキビ跡でなけれはセルフケアで治すことができると知り徹底して調べて、実践しました。

 

まず、ニキビ跡を消すには効果的なスキンケアと根気が必要です。
ニキビ跡は、お肌にできた炎症による「キズ」、色素沈着によってできる「シミ」なので、1週間〜1ヵ月程度で簡単に改善はできません。
すぐに治らないからと諦めてしまうと、何年もニキビ跡が残ってしまう可能性もあります。
1日で治す方法はありません!

 

ニキビ跡の程度によって、治るまでの期間は変わってきます。
焦らず、とにかく根気よくケアしないとダメです。

 

お肌に残ったニキビ跡を治すにはビタミンCをお肌に与えることが基本となります。
紫外線により、色素沈着してしまったニキビ跡やクレーター状に陥没してしまったニキビ跡にはスキンケアにプラスアルファのケアが有効です。

 

 

ニキビ跡を治す(消す)方法は・・・

 

  • ビタミンCが配合された化粧水や美容液でケア
  • EGF配合化粧品やピーリングでターンオーバーを促す

ことが有効です。

 

ビタミンCは、次のような効果が期待できます。

 

  • 高い抗酸化作用でニキビを出にくくする
  • お肌の炎症を抑える
  • 色素沈着してしまったニキビ跡を薄くする

ビタミンCはそのままでは皮膚に浸透しにくいので、浸透しやすいようにお肌の細胞に働きかけるように加工したものがビタミンC誘導体です。

 

手軽なホームピーリングやEGF配合化粧品でターンオーバーを促すことで古い角質と一緒にニキビ跡の茶色いシミも一週間剥がし、新しいキレイな皮膚の再生を促す効果があります。

 

ホームピーリングは皮膚科で行うケミカルピーリングより穏やかな作用ですが、刺激が強い場合もあるので、お肌の弱い方や敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

 

 

スキンケアには何を使えばいいか?

 

ビタミンC配合のニキビ化粧品を選ぶ!!

ビタミンCはニキビの予防効果もあります。予防効果だけでなく、ニキビ跡の修復や色素沈着のシミにも効果を発揮します。
ビタミンCは、お肌の修復に必須の成分コラーゲン生成にも欠かせない成分なのです。

 

ニキビ治療のビタミンCは「脂溶性」ではなく「水溶性」!!

脂溶性のビタミンC誘導体は、お肌に浸透しにくく逆に毛穴を詰まらせてニキビの原因となることがあります。
ニキビ予防や、ニキビ跡の修復には水溶性のビタミンCが適しています。

 

ビタミンCならどれでもいいわけではない!!

水溶性のビタミンCならどれでもいい!というわけではありません。
ニキビ跡の修復に向いていると効果が期待できる成分でも、お肌に浸透しなければ全く意味がありません。
浸透力が高いビタミンCを選ぶようにしましょう!!

 

上記の3つをもとに、自分に合うスキンケアを見つけ、とにかく根気強くスキンケアを続けてみてください!!

 

とは言われても色々あって難しいんだけど・・・

そうです。結局どの化粧品がいいの?って思いますよね?
そこで参考にして欲しいのは、私が実際に使ってみて効果を実感しているものです。
※これは私に効果的だっただけで、皆さん全員に効果があるわけではありませんのでご理解を!

 

ビーグレンのニキビケアセットが私のお気に入りです。

 

「ニキビケア+Cセラム 1ヶ月セット」という3セットがあり、これを始めてみてから肌の調子がすこぶる良くなってリピしています。
※トライアルセットもあるのでそちらをまず試した方が良いと思います。

 

まずはクレイウォッシュでニキビが出来にくいお肌を作る事から始まります。
その後にクレイローションとCセラムで仕上げのケアです。

 

《クレイウォッシュの私的凄いところ》

グリチルリチン酸ジカリウム・・・肌荒れを防ぐと共に、今炎症を起こしている部分を押さえる効果もあります。
アロエエキス・・・ニキビケアと言えばアロエエキスだと私は思っています。優れた保湿効果と、やけど治療にも使われるほどの抗炎症作用は注目です。
ベントナイト・・・これは粘土のようなもので、毛穴の奥の奥まで綺麗にしてくれる吸着性を持っています。同時に肌を守ってくれる作用もありです。

 

《クレイローションの私的凄いところ》

ヒアルロン酸ナトリウム液・・・説明不要の保水力を持った必須成分です。
納豆エキス・・・え?納豆?と思いますが、実はこの大豆を発酵させた時に抽出したエキスはバリア機能を持っていて、非常に効果的なのです。
クインシードエキス・・・とろみのあるエキスで長時間水分を保つ事が得意なので、しっとりお肌を持続させてくれます。

 

《Cセラムの私的凄いところ》

アスコルビン酸・・・これが実は先ほど何度も説明してきたビタミンCの事です。水溶性なのですが、そのままだとお肌へ届く前に弱くなってしまうため、ビーグレン独自の方法でナノカプセル化し、最大限成分を浸透させれるように加工しているのだとか。とにかくコレが一番効いてる気がしています。
イソパラフィン・・・中に浸透させた水分を肌表面からの蒸発させないように保ってくれる役割があります。肌触りも良くなるとか。
PG・・・多くの化粧品に使われているPG。これは無色透明の液体で、肌をうるおわせて保つ効果があります。食品や医薬品にも使われているので安心です。

 

他にもたくさんの成分が配合されていますが、注目したい成分を3つずつ挙げてみました。
皆さんもビーグレンを利用して少しずつ改善してみませんか?

 

体験談付きの参考サイト
ニキビ跡を治す方法はこちら